スマイルテック株式会社 本文へジャンプ
タフマックスとは?


■タフマックスとは?

 タフマックスとは「水性シリケート塗料」の一種である。
シリケートを結合剤とした無機着色顔料・体質顔料・水および分散剤などの添加剤から成り立っており、脱水により縮合反応が進行し、アモルファスの膜を作る。

 シリカはSiO2の大きな塊の表面にSi-OHがある状態である。一方、基材表面は空気中の水分や炭酸ガスなどによりHO-基材、HOO-基材の状態にある。
 また、水性シリケート塗料を塗布すると、Si-OHと基材の活性部分HO、HOOとで脱水縮合反応が起こり、Si-O-基材の共有結合が形成されて強く密着する。

 微粒子を敷き詰めたような塗膜は親水性が高く(水との接触角3〜20度)、常に大気中の水分を吸着して薄い水の膜ができている状態にある。
 塗膜表面に汚染物が付着しても膜表面にある水分により、雨水で汚染物が浮き上がる状態になるため流れやすくなる。
 静電気の発生し易い有機塗料と異なり、導電性が高い塗膜であるため、埃等が付着しにくく、汚れにくい表面となる。

>> 「タフマックスの特徴」 へ続く





Copyright (C) Since 2003 Smiletech Co., LTD All Rights Reserved.